私はムスリムです

私は日本人改宗ムスリムです。イスラームについて学んだことをシェアしているブログです。

健康という大切なもの

大塚マスジド 金曜日礼拝ホトバ 要約 (2017年11月3日)

―― 健康という大切なもの ――


あらゆる賞賛は、賞賛を受けるに相応しい御方であられるアッラーのもの。アッラーでなくして、人々が崇拝するものは存在せず、アッラーには共同者はないことを証言する。また、ムハムマドは、アッラーのしもべであり、使徒であることを証言する。

 

信者たちよ。我々は何に従うのか。アッラーが我々に命じておられることに従いなさい。アッラーが我々に命じておられる事に従い生き方を決めなさい。アッラーは、クルアーン・部族連合章において述べておられる。

「信仰する者よ、アッラーを畏れなさい。実直な言葉でものを言いなさい。」「お前たちの為に行いを矯正され、諸々の罪を赦される。アッラーとその使徒に従う者は、偉大な成功を勝ち取る者である。(33章
70--71節)

 

信者たちよ。アッラーの恩恵は、我々のどんな期待をも超えた限りのないものである。

アッラーは、クルアーン・蜜蜂章において述べておられる。

「お前たちは、喩えアッラーの恩恵を数え上げても、到底数え尽くすことは出来得ない。誠、アッラーは、寛容にして慈悲深くあられる。」(16章 18節)

アッラーからの恩恵の一つには、創造物が安泰であるように図られていることがある。人についての安泰とは、心と体が健全で家族が安心安全な状況にあることである。それは、人が多くの恩恵を授かっている結果であり、現世で幸福であると感じる要素の一つである。ここれについて、預言者さまSAWは、「誰もが生活していて安心で、健康で、日々の食糧が足りているならば、それはまるで全世界が自分の所有に帰するようなものである。」と述べておられる。そして、人は審判の日に問われる事柄の一つは健康であり、それについて預言者さまSAWは、「しもべが受けた恩恵として、審判の日に人々が問われる一つ、それは健康のことである。『健全で健康な体や、冷たい水で渇きをいやすことなどを、われは授けやしなかったか。』と問われるのである。」と述べておられる。

 

信者たちよ。幸福は、アッラーの恩恵のたまものである。恩恵が継続するようにと、預言者さまSAWは、日々至高のアッラーに祈られた。イブン・ウマル師(平安を)によれば、預言者さまは、朝に夕に、「アッラーよ。私は、あなたさまの御赦しと、現世と来世での幸福を祈願します。私は、信仰について、俗世の雑事について、家族について、財産についてあなたさまの御赦しを求めます。アッラーよ。自分の弱さと、心の動揺を隠しておいて下さい。」と祈願の言葉を述べられたという。その祈願の言葉を述べるようにと教友たちに教えられたという。また、サラート(礼拝)に先立って、預言者さまSAWは、新たに入信したムスリムたちに対しては、次のドゥア(祈願の言葉)を教えられた。「アッラーよ。お許しください。私に恵みを与えて下さい。御導き下さい。健康と日々の糧を御与え下さい。」
そして、預言者さまSAWの、就寝前の祈願の言葉は次の通りである。「アッラーよ、確かに、あなたさまは私を創造なされ、加護なされます。あなたさまは生と死を握っておられ、生かすならば御加護下さい。死を与えられるなら、御赦しを御与え下さい。アッラーよ、私は心から健康であることを祈願します。」

また、預言者さまSAWは、次のように教えておられる。「五つの事柄がやって来る前に、五つの事柄を生かしなさい。その五つのこととは、老齢になる前の若さ、病気になる前の健康、貧困になる前の富裕、多忙になる前の時間の自由、死の前にある生きているということである。」

 

信者たちよ。健康という恩恵を保持する為に、イスラームでは、病気を防ぐ手立てを教えている。清潔を保つことについての教えであり、入浴、沐浴、歯磨き、口すすぎ、汚れないように注意を払うこと等々である。それは、健康保持の為の基礎的なことである。健康は、元気でいる者の頭上を飾る冠のようなものであるが、元気な者は気付かない。その一方で、病気の者だけが健康の有難さを知り欲しいと思うのである。常に与え続けて下される御方アッラーに対して、健康という恩恵を下さっていることに感謝しようではないか。そして、健康保持に励もうではないか。我々は、この価値ある恩恵を授かっていることを喜ぶと同時に、健康に無頓着な人々に目を向ける必要がある。アナス・ビン・マリック師(平安を)が伝えている。「病弱な人に対して預言者さまSAWは、『健康であるようにとアッラーに祈ったことがありますか。』と声を掛けられた。」
健康であることは、全ての信者が求める事柄である。万が一、病気に罹ったなら、我々のお手本、預言者さまSAWが教えられるように治癒を希求すべきものである。預言者さまSAWは述べておられる。「医学的な治療を受けなさい。アッラーは、いわゆる老齢という病を例外として、治療法を御用意することなく病気に罹らせることは無いのであるから。」
病気で難儀している人は誰でも、先ずは忍耐し、アッラーが運命づけられたことに満足し、素直に受け入れるべきである。そして、至高のアッラーに病気が治るように懇願すべきであり、自分に降りかかった災難が、自分が犯した悪事の消滅や、善行の受け入れに係わる、何等かの試練であると信じることである。これについて、預言者さまSAWは、次のように述べておられる。「ムスリムに及ぼされる災難、病気、けがや痛み、その痛みが喩えとげが刺さった程度のものであるにしても、それによりアッラーは、その者の善行の一つとして記録なされ、また、犯した悪事の一つを記録から消して下される。」

 

世界の主であられるアッラーよ、我々はあなたさまに御赦しを願い、自分と家族が安泰であるようにと祈願します。あなたさまに従う者であるように運命付けられていることを受け入れ、祈願します。

アッラーは、クルアーン・婦人章において述べておられる。

「お前たち信仰する者よ、アッラーに従いなさい。また、使徒とお前たちの中の権能を持つ者に従いなさい。・・・」(4章 59節)

安泰と健康に恵まれた者は、成功することを知ろうではないか。アナス・ビン・マリック師(平安を)は伝えている。「或る男が預言者さまSAWの許にやって来て、『アッラーの御使いよ、いずれの祈願が最良でしょうか。』と尋ねたので、「主に、御赦しを請い、現世と来世での安泰を願うことです。」と答えられた。翌日またやって来て、同じ質問をしたので、同じに答えられた。三日目にまたやって来て、同じ質問をしたのに対して、『あなたが現世で御赦しが与えられ、そしてまた、あなたが来世でも与えられるなら、誠に、あなたは成功を得ることとなる。』と答えられた。」

 

預言者ムハムマド、教友とその一家に祝福と平安がありますように。そして、正当なカリフ、アブー・バクル師、ウマール師、ウスマーン師、アリー師と、正しい道に従う者たちに、祝福と平安がありますように。

 

アッラーよ、心と体が健全であるように祈願します。健康でいられるように御加護下さい。

アッラーよ、あなたさまを称讃し、あなたさまに感謝する者であるように御導き下さい。

アッラーよ、あなたさまを愛し、預言者さまSAW を愛する者であるように、御導き下さい。

アッラーよ、預言者ムハムマドSAW に従い、イスラームの教えを守る者にして下さい。

アッラーよ、私たちの信仰心を強くして下さい。私たちの過ちを御赦し下さい。

アッラーよ、日本中に、世界中にイスラームを広められるように御力添え下さい。

アッラーよ、イスラームムスリムたちの為に奉仕出来るように力と御加護を御与え下さい。

アッラーよ、病気の者たちを御治し下さい。仕事の無い者たちに清い仕事を御与え下さい。

アッラーよ、日々の生活に活力と喜びを、そして安心と安全を御与え下さい。 アーミィーン

神に忘れられる者

アッサラーム アライクム 兄弟姉妹の皆様
東京ジャーミイ金曜日のホトバより転載


2017年10月13日

アッラーを忘れる者はアッラーに忘れられる」

尊敬すべき兄弟、姉妹の皆様!

私たちの預言者(彼の上に祝福と平安あれ)が、ご自身のいとこアブドゥッラーと旅に出ておられた時のことです。その旅の途中で、彼はこう述べられました。「愛するわが子よ、あなたに忠告しておこう。この忠告を、決して忘れてはならない。」それから、彼はこの年若い教友に、主との絆(きずな)を決して断ち切ってはならないということを伝えたのです。「アッラーを思いなさい、そうすればかれはあなたをお守りくださるだろう。アッラーを思いなさい、そうすればあなたは目の前にアッラーを見出すだろう。何かを願うときは、アッラーに願いなさい。助けを求めるときは、アッラーに求めなさい。すべての被造物が一

緒に集まり、あなたに良いことをもたらそうとしても、アッラーが記したもの以外は、何ひとつ得られないだろうことを知りなさい。また、それらがあなたに害をもたらそうとしても、アッラーが記したもの以外は、何ひとつあなたを害せないだろうことを知りなさい。」

尊敬すべき信仰者の皆様!

私たちはみな、人間であります。時には忙しさにかまけて、隣人や家族、友人のことを忘れてしまいます。時には親戚や兄弟、親を失った孤児たちや、困窮(こんきゅう)している人たちのことを忘れてしまうこともあります。時には自分自身のことや、私たちの社会、そして私たちの責任について忘れてしまうこともあります。ですがそれらのすべてよりも、人間として最も悪しきこととは、自らが創造された目的と理由を忘れてしまうことであります。本当の敗北とは、自らの主を忘れて人生を送ることであります。アッラーに仕えるという自らの誓い、自らの契約を軽んじる(かろんじる)ということであります。それは、現世は永遠には続かないということを忘れ、清算と審判、来世を無視するということであります。ですから私たちの主は、そうした主を忘れる者とならないよう、私たちにこう警告しておられます。「ワ ラー タクーヌー カッラズィーナ ナスルッラーハ ファアンサフム アンフサフム」、すなわち「あなたがたは、アッラーを忘れた者のようであってはならない。」また、「ウラーイカ フム ル ファースィクーン」、すなわち「かれは、かれら自身の魂を忘れさせたのである。」

尊敬すべき兄弟、姉妹の皆様!

私たちの主は、クルアーンを授け、私たちに義務と責任を教えたまいました。それは私たちに、忘れてはならないことを思い出させる書物であります。それはランプのともしびであり、私たちの道を照らす導きであります。この書物をしっかりと抱え(かかえ)、私たちの心と意識、私たちの人生を、この書物に明け渡しましょう。

私たちの主は、「本当にあなたは一人の訓戒者(くんかいしゃ)に外(ほか)ならない」と告げ、信仰者に対して真実の道を示し、主について思い起こさせるよう、最も美しい人格を持つ預言者を遣わし(つかわし)たまいました。彼のスンナに沿って人生を歩みましょう。彼の模範から逸れる(それる)ことなく、慈悲のメッセージによって、私たちの人生に祝福をもたらしましょう。

私たちの礼拝、犠牲、喜捨(きしゃ)、断食といった崇拝の行為が定められているのも、常に私たちが、主を忘れないようにするためであります。私たちは崇拝の行為を通じてより主に近づき、それにより主の御目(おんめ)により誉れ高い(ほまれたかい)者として映るようになるのだということを、忘れないようにしましょう。

親愛なる兄弟、姉妹の皆様!

アッラーを忘れて自らの人生を送る人は、現世においても来世においてもアッラーから忘れられてしまう人となります。現世においてアッラーへの感謝を忘れた人は、大いなる(審判の)日、アッラーの慈悲を取り上げられることでしょう。アッラーの慈悲の他には避難する場所もない復活の日、現世の虜(とりこ)となっていた人々は、次の言葉を耳にすることとなるでしょう。

「今日われは、あなたがたを忘れるであろう。あなたがたが、この日の対面を忘れたように。あなたがたの住まいは業火(ごうか)である。あなたがたには、(もはや)助ける者はないのである。」

兄弟、姉妹の皆様!

この束の間(つかのま)の人生を、アッラーのご意志に従って生きることが私たちの義務であるということを忘れないようにしましょう。その大いなる(審判の)日のために備えることが、私たちの存在の目的であるということを心に留めておくようにしましょう。礼拝をおろそかにすることのないようにしましょう。礼拝とは、主のみ恵み(めぐみ)に対する感謝の表れだからです。アッラーは、絶えず私たちをご覧になっておられ、私たちのあらゆる行い(おこない)を知り、私たちが口にするあらゆる言葉を聞いておられるのだということを、常に意識して過ごしましょう。

 

 

イスラム法の死刑に値する3つの罪

慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において
                     40のハディース 第68回
           الأربعين النووية  2017年10月10日スカイプ講義より

 


イマーム アンナワウィー編   

 『40のハディース』解説 
第14のハディース
第14の伝承

イブン・マスウード―アッラーよ彼を嘉したまえ―の権威による。彼は伝えている。

アッラーの御使い―アッラーよ彼に祝福と平安を与えたまえ―はこう言われた。

 

つぎの3つに該当しないかぎり、ムスリムの血を流すことは許されない。

結婚した男が姦通した場合。一人の生命にたいする一人の生命。宗教を棄て〔ムスリムの〕共同体を離れた場合。

この伝承は、アルブハーリーとムスリムの2人が伝えている。

参考:アラビア語の原文「الوافي في شرح الأربعين النووية」مصطفى البغاpdfファイルhttp://bit.ly/2lQnARP
日本語原文:イスラミックセンター・ジャパン「40のハディースhttp://muslimjapan.com/hadith_japanese 
シェイフ ラマダーヌ ルブーティー師(アッラーのご慈悲あれ)の講義 49(最初~39:40)参照
ハディース解説:
《つぎの3つに該当しないかぎり、ムスリムの血を流すことは許されない。》


ここで言う「ムスリム」というのは、ムスリム男女のこと、つまり、ムスリムムスリマのことです。

 

アラビア語では、男性を指す単語を用いていても、男女両方を含んでいます。

 

クルアーンの中によく出てくる【信仰する者よ】と言う表現も、わざわざ、「信仰する男と女よ」とは書かれていませんが、男女両方を指します。

つまり、ムスリムの男であっても女であっても、血を流すことは許されない、という意味です。

イスラーム法において、刑が確定した場合には、ムスリムを殺すことが許される、つまり、裁判所で、裁判官によって「死刑」が確定する場合、というのは、3つあります。

 

刑の確定は、イスラーム法に精通した裁判官が決定することであり、一般人が決めることではなく、もちろん刑を執行するのも一般人ではありません。

1.《結婚した男が姦通した場合》


すべての既婚者の姦通が、死刑になるわけではありません。以下のような、いくつかの細かい条件があり、それらがすべて満たされた場合においてのみ、イスラーム法によって裁く裁判官が、刑を確定します。

既婚者の姦通が死刑となる条件:


1. イスラーム法において、ニカー(結婚契約)をし、実際に夫婦の関係を持った既婚者であること。:
イスラーム法におけるニカーをせず、その国の市役所で婚姻届けを出しただけのような結婚しかしていない者は対象外となります。また、ただニカーをしただけで、夫婦生活を行っていない者も、対象外です。

これは、男女ともです。

独身者の場合は、刑の対象から外れます。

2. 自分の意志により故意に行った姦通であること。:


姦通を行うことに同意し、その行為を行うことに満足して行った場合。故意に行ったものでなければ、婚外交渉の罪を犯す意図がなかったとみなされ、対象外となります。


故意の姦通ではないとみなされるいくつかの例:
・ニカーが成立し夫婦になったと思っていたが、ある不備によりニカーが成立していなかった場合。


・妻だと思って夫婦関係を持った後で、それが別人であったことが判明した場合。


・強制された場合、等。

3. 二人が確実に関係を持ったという、4人からの証言がある場合、もしくは、両人が、自らの意志で故意に姦通を行ったと認め、その他のイスラーム法における諸条件を満たす形で自白した場合。


この4人の証言というのは、ただ部屋に二人きりで入っていたのを見た、もしくは、二人きりで床に入っていたのを見た、というだけでは不十分です。また、証人は3人でも不十分です。実際に、二人が関係を持った状態を、4人が目撃し、それを証言した場合のみ成立します。

上記の条件がすべてそろった場合のみ、裁判所で裁判官により、刑が確定し、石打による死刑が執行されます。この場合、刑の執行は、石によるものでなくてはならず、他の手段を使うことはできません。しかし、裁判所で、上記の3つの条件がひとつでも欠けていることが判明した場合には、裁判官により、死刑は確定されません。いくつかの条件が欠けている状態だが、確実にハラームを行った、ということが判明した場合でも、裁判官は、二人の更生にとってもっとも効果的な罰(死刑以外)を与えることになります。

質問:婚外交渉をした者に対して死刑というのは、厳しすぎる、重すぎるのではないでしょうか。

回答:イスラーム法は、人間が考えた物ではなく、アッラーがお決めになった法律です。そのため、アッラーのことを信じていない人にとっては、誰が決めたかわからない法を理解することが難しいのは当然です。しかし、もし、アッラーのことを信じている人の中から、こういった意見が出てくることがあれば、次のように言えます。この死刑は、ただ、姦通の罪を犯した既婚者を裁くためにある刑ではない、ということです。そのことは、条件のひとつである、4人の証人が必要、という点を見れば、明らかです。

姦通を行うところを、実際に、4人の人が目撃する、というのは、どういう状態でしょうか。それは、社会の秩序を壊し、その社会の尊厳に対し挑戦状をつきつけるためにしか行われません。そうでなければ、公共の面前で、死刑に処されるような大罪を犯すことを誰がするでしょうか。これは、社会に対する明らかな宣戦布告です。ウンマイスラーム共同体)の尊厳を傷つけ、社会生活において風紀を乱し、治安の悪化を促進するために、故意になされる、ウンマに対する背徳行為です。この背徳行為により、婚外交渉が伝染病のように社会全体に広がると、その社会の秩序は乱れ、社会の構成単位である家庭の秩序がまず崩壊します。この伝染病は、急速に社会に広がり、その勢いを止めることはできません。まるで火が枯れ木の山を焼き尽くすように、その悪は瞬く間に社会全体に広がって行きます。

また、この死刑確定の抑制力となる、2つの刑があります。それは、4人の証人を集められず、3人以下の証人しか証言しなかった場合、名誉棄損という罪となり、むち打ち80回という重い罰が発生することです。3人がいくら証言しても、4人目がいなければ、この3人には罰が確定します。この罰があることにより、イスラームでは、婚外交渉を目撃した人は、それが1人、2人、3人であっても、その罪を隠すことを余儀なくされます。アッラーは、目撃者達が、彼らの罪を隠さないことに対して、罰を設けました。

また、この罰が、重すぎると思う人は、つまり、婚外交渉を罪でなく、自然のこと、と捉え、必ず、その罪を軽視しています。もし婚外交渉という罪が重罪だと思っていたら、この罰を重すぎるとは思わないでしょう。罪が重い、と理解していれば、罰も同様に重くあるべきだと理解できるからです。しかし、欧米のように、婚外交渉がその社会に蔓延し、特別なことでなくなっってしまうと、こういった見方をする人が出てきます。

罰というのは、罪の大きさ、その罪の危険性の大きさによって決められるべきです。婚外交渉というのは、どんな悪影響を社会に及ぼすでしょうか。そのひとつに、父親のいない子どもや孤児の増加、母子家庭の増加、また、人工中絶により命を奪われる子どもの増加があります。つまり既婚者の姦通は、不幸な子どもを大量に発生させるのです。婚外交渉が許されている社会の中で、どれだけ多くの子ども達が、闇の中に葬られているでしょう。大人の身勝手な行動が、何の罪もない子ども達の生きる権利を侵害しています。公共の面前で、この罪を犯し、社会にその病をまき散らすことが、大罪に値しなければ、何が大罪に値するのでしょう。この罪に対する罰が重すぎる、死刑は野蛮だ、と言う人は、この罪による子ども達にもたらされる残忍な結果を軽視しています。この刑があることで、罪の大きさを認識し、罪を犯すことを抑制し、社会の秩序と風紀を守ること、それがイスラーム法の刑罰の目的です。

アッラーが私たちのウンマをお守くださいますように。

親による子供の良い教育

大塚マスジド 金曜日礼拝ホトバ 要約 (2017年9月8日)

―― 親による子供への良い教育 ――

 

あらゆる賞賛は、賞賛を受けるに相応しい御方であられるアッラーのもの。アッラーでなくして、人々が崇拝するものは存在せず、アッラーには共同者はないことを証言する。また、ムハムマドは、アッラーのしもべであり、使徒であることを証言する。

 

信者たちよ、イスラームは、しっかりとした基盤に立脚しており、公正さ、品行の良さ、奉仕的であることを旨としている。それ故、全ての人の幸福を確かなものとする。例えば、両親には自分たちの責任を果たすように教えており、家族、子供の世話を良くしなさいと教えている。子供の養育や子供に必要な衣食と安全などを満たすことを意味するものである。アッラーは、クルアーン・雌牛章において述べておられる。

「母親は、乳呑児に満2年間授乳する。これは、授乳を全うしようと望む者の期間である。父親は、家族の食料や衣服の経費を公正に負担しなければならないが、誰も、その能力以上の負担を強いられない。母親は、その子のために不当に強いられることなく、父親もその子のために不当に強いられてはならない。・・・」(2章 233節)

同じ視点で、預言者さまSAWは、子供を育てる責任は両親にあると強調なされ、次のように述べておられる。「あなたがたが保護者であれば、それに伴う責任がある。男は自分の家族を守る者であり、自分にその責任がある。女は、家庭を護る者であり、自分にその責任がある。」  この責任の一端である子供に対する優しさについては、預言者さまSAWに良い例を見ることが出来る。アナス・ビン・マリク師(平安を)は、「アッラーの御使いSAW以上に家族に優しくする人を見たことがない。」と述べている。そして、預言者さまSAWは、子供たちを公平に扱うのを常とされ、「アッラーを畏れなさい。それで、どんな場合でも、自分の子供たちに公平に接しなさい。」と言っておられる。預言者さまSAWは、例えば、自分の男の子にはキスするのに、女の子にはしない者のことを間違っていると言われる。ある時、預言者さまSAWの側に座っていた男のところにその息子がやって来た。すると、男は息子を膝に乗せてキスをしたのに、その後に来た娘を脇に座らせただけだった。それを、預言者さまSAWがご覧になられ、「どうして二人を同じにして上げないのですか。」とおっしゃられた。

 

信者たちよ。また、アッラーの御使いSAWは、孤児に対する後見は大事なことであり、後見人になることにより大きな報酬があるだろうと力説なされた。そのことに関してのハディースがある。預言者さまSAWは、「孤児を後見した者と私とは、楽園においてこのようである。」とご自分の中指と人差し指とを立てられた。

 

信者たちよ。父親と母親にとって、子供をきちんと世話することは大事な責任である。預言者さまSAWが示された教育方針に従って手を尽くし優しく子供の世話を果たすことが大切である。預言者さまSAWは、「何事にも優しさが伴っているなら優美であり、優しさが伴っていないならば台無しである。」と述べておられる。即ち、子供には、間違ったやり方で接してはいけないということであり、次のハディースが伝わっているのである。「一人のベドウィンが預言者さまSAWの許にやって来て、『あなたは子供たちにキスをする。だが、我々はそんなことはしない。』と言った。すると、預言者さまSAWは、『アッラーがあなたの心から優しさを取り上げてしまった後では、心に優しさを得ることは出来ない。』とおっしゃられた。」 即ち、親として子供の遠い将来を見据えて、子供には優しく接し注意深く見守り教育するということである。預言者さまSAWは、まだ幼かったアブドッラー・ビン・アッバスに、「少年よ、良いことを教えてあげよう。アッラーの教えに注意を向けなさい。アッラーは、あなたを御加護なされる。アッラーの正しい道を守りなさい。アッラーは、いつでもあなたと共にあられる。願い事をしたいなら、アッラーだけに願いなさい。助けを必要とするなら、アッラーだけに助けを求めなさい。」と教えて下さったものである。

 

信者たちよ。更に、子供の両親というものは、子供たちの行いや、何が不足はないかを見てやって欲しいし、良い友を選ぶことが出来るように、交友関係に注意を払ってあげて欲しい。預言者さまSAWは、「人は、友の宗教に惹かれるものである。それ故、どういう人物を友とするか誰もが配慮するべきである。」と述べておられる。また、我々は、子供たちが接しているメディアの内容について知る必要がある。マスコミや、スマートフォンなどの道具を用いてのインターネットを通じてのウエッブサイトからの情報などである。今日それらは、急速に進化する技術を駆使したもので提供される。子供に対する注意を怠らず、どんな形態にせよ子供に対する暴力、悪い会話、虐待と言ったものに接する機会を避けることは重要である。誠、アッラーの御使いSAWは、決して悪い言葉を使い、悪い話をなさることはなかった。預言者さまSAWは、「あなたがたの中の最良に人は良い品性で良い性格の人である。」と常々言っておられた。

 

信者たちよ。子供に対する最良の教育者とは、他人を当てにせず、自分自身で良いことを行う者である。そうした良い教育の為には、最善を尽くし、礼儀正しく、イスラームの伝統に従い、きずなを強める必要がある。そして、人助けの大切さ、年上への敬意、他人への親切、寛容、集団に対する心からの忠誠、指導力と言ったものの大切さを教えるのである。誠に、それらは、集団のきずなを強くする、祖父、父親の代から引き継がれてきた偉大なイスラームの価値ある特質なのである。預言者さまSAWは、「決してないことである。アッラーに誓って、アッラーがあなたに慈悲をかけないなどということは決してないことである。あなたは、家族や友人と良い関係を保持しなさい。貧しい人を助け、来客に親切にしなさい。災難を被った人を救済しなさい。」と述べておられる。アッラーは、慈悲の故に人々に教えを説かれ、御導きになられる。それ故、何かに従おうとするならば、アッラーに従いなさい。

 

預言者ムハムマド、教友とその一家に祝福と平安がありますように。そして、正当なカリフ、アブー・バクル師、ウマール師、ウスマーン師、アリー師と、正しい道に従う者たちに、祝福と平安がありますように。

 

アッラーよ、子供たちをしっかりと育て、教育できる者であるように御導き下さい。

アッラーよ、あなたさまを称讃し、あなたさまに感謝する者であるように御導き下さい。

アッラーよ、あなたさまを愛し、預言者さまSAW を愛する者であるように、御導き下さい。

アッラーよ、預言者ムハムマドSAW に従い、イスラームの教えを守る者にして下さい。

アッラーよ、私たちの信仰心を強くして下さい。私たちの過ちを御赦し下さい。

アッラーよ、日本中に、世界中にイスラームを広められるように御力添え下さい。

アッラーよ、イスラームムスリムたちの為に奉仕出来るように力と御加護を御与え下さい。

アッラーよ、病気の者たちを御治し下さい。仕事の無い者たちに清い仕事を御与え下さい。

アッラーよ、日々の生活に活力と喜びを、そして安心と安全を御与え下さい。 アーミィーン

 

何故、イスラム教徒の女性はヒジャーブをするのでしょう?

アッサラームアライクム

 

何故イスラム教徒の女性はスカーフで頭を覆い身体の線の出ない服を着ているのでしょう?

 

http://blog.goo.ne.jp/from_syria/e/b6806239bce6e3ab76782a8ce013f104

 

f:id:iamamuslima:20170904004755j:image

アッラーを思うこと

大塚マスジド 金曜日礼拝ホトバ 要約 (2017年9月1日)

―― アッラーを思うこと ――

 

あらゆる賞賛は、賞賛を受けるに相応しい御方であられるアッラーのもの。アッラーでなくして、人々が崇拝するものは存在せず、アッラーには共同者はないことを証言する。また、ムハムマドは、アッラーのしもべであり、使徒であることを証言する。

 

信者たちよ、アッラーを畏れなさい。アッラーの教えと御命令が一番大事なものである。それ故、アッラーが禁じられることから身を遠ざけなさい。アッラーは、クルアーン・雌牛章において述べておられる。

「お前たちは、聖なる儀式(巡礼)を果たしたならばアッラーを念じなさい。自分たちの先祖を念じる様に。いや、それよりも深く心を込めて念じなさい。人々の中には、『主よ、現世で私たちに幸せを賜りますように。』と言う者たちがあるが、彼らは、来世における分け前を得られないであろう。」「また、人々の中には、『現世で私たちに幸せを下さって、更に、来世でも幸せを下さいますように。業火の懲罰から、私たちを守って下さい。』と言う者がある。」「これらの者たちには、その行ったことに対して分け前があるだろう。誠、アッラーは、精算に素早くあられる。」(2章 200—202節)

いずれの民族も誇りとする何かを持ち合わせている。その誇りとするものとは、自分たちの狭い考えや奇跡などと称する出来事に由来するものに過ぎない。そこには、確かな神意とか、正しい教えといったものは存在せず、地上や天上からの啓示といったものに従うものでも無い。一方で、アッラーは、イスラームの信者たちの為に恩恵を全うし、イスラームを宗教として完全なものとし、信者の守護者であられ、そして、イスラームをあらゆる宗教を越えた保障のあるものとして位置づけられた。アッラーは、クルアーン・雌牛章において述べておられる。

「われを念じなさい。そうすれば、われもお前方について考慮するであろう。われに感謝し、恩を忘れてはならない。」(2章 152節)

 

起きて、寝て、座り、立ち、朝出掛け、夕方戻るあらゆる時に、アッラーに思いを寄せるムスリムたちは、心臓が鼓動し、目が動き、手足が動くといった事について、それらの全てがアッラーの御望みと支配によるものであると知り、感動を覚える。夜が来て、昼間を迎え、夜明けの瞬間や薄明かりがあり、そして、創造物の動きや星々の軌道に従った動きといった現象があるが、アッラーに思いを寄せるムスリムたちは、そうした現象の中に、イスラームが内に秘めている奥深さを感じ取る。なぜなら、そうした全てが、アッラーの御力と御配慮によるものであると分かっているからである。アッラーは、クルアーン・イムラーン家章において述べておられる。

「立ち、または座り、または、横たわってアッラーを唱念し、天と地の創造について考える者は言う。『主よ、あなたさまは、いたずらにこれを御創りになられたのではないのです。あなたさまの栄光を讃えます。火の懲罰から私たちを御救い下さい。』」(3章 191節)

 

アッラーを愛し、アッラーに愛され、アッラーの故に愛をおぼえる者を除けば、誰も人生における本当の喜びも、本当の幸福も感じ取れないのである。アッラーを愛し、アッラーに愛され、アッラーの故に愛をおぼえる者は、アッラーを思うが故に心穏やかである。彼らは創造物に起こる良いことに幸せを感じ、そして、他の人の痛みを感じ取り、人々が人間としての最終の希望を叶えられるようにと、援助の手を差し延べる。そして彼らは、アッラーを思い、「アッラーよ、あなたさまが与えて下されないなら、私にも、あなたさまが創造された他の何ものにも恵は存在しません。あなたさまは唯一であり、協同者は居られず、あなたさまは、称賛と感謝に値する唯一の御方であられます。」と述べる。彼ら敬虔な者たちは、一時のものに過ぎない現世で起こる物事の中に潜んでいるまやかしや、楽しいものに見えてしまう俗事から自分を遠ざける。彼ら敬虔な者たちは、アッラーの御悦びが得られる道を進み、アッラーにお会いできることを強く望み、あらゆる時と状況にあってアッラーの御名を忘れず思い続ける。アッラーは、クルアーン・家畜章において、預言者ムハムマドSAWが語る言葉を述べておられる。

「言ってやるがいい。『私の礼拝と奉仕、私の生と死は、万有の主アッラーの為であります。』」「『アッラーには同位者はありません。この様に命じられた私は、ムスリムの先駆けであります。』」(6章 162--163節)

 

信者たちよ、主が天使を前にして、人々を誇らしく思われるということがあるという。「教友たちがマスジドで座り円陣を作っていた。そこに御使いさまSAWが来られた。『座って何をしているのか。』とお尋ねになった。それに対し、『私たちはアッラーに祈願し、アッラーを讃えるために座っているのです。なぜならアッラーは、私たちをイスラームの道に導き、私たちに加護を与えて下さったからです。』と答えました。この時、御使さまSAWは、『アッラーにかけて、なんとあなたたちはそれだけのために座っているのですか。』と言われたので、彼らが、『アッラーに誓って!私たちが座っているのはその目的のためだけです。』と答えると、『私は、あなたたちに異議があって、誓いを求めているわけではありません。ただ、天使ジブリールが私の処に来て、アッラーは、天使たちにあなたたちの素晴らしさについて語っておられると、私に知らせて下さったからです。』と言われた。」 至高のアッラーを思うこと、アッラーへの懇願、アッラーへの良い行い、信仰行為が、アッラーにとっての誇りなのである。良い信者たちは、アッラーを思い、純真無垢な心を持ち、アッラー服従し、その一方で、短気にならず、卑屈でもなく高慢でもなく、謙遜であって、そして労働の場では誇りを持って足を泥にまみれにし、手は骨折りに耐え、労苦に立ち向かう。そうした、敬虔なムスリムたちは、次のように言うのである。それは、御使さまSAWが何時も唱えられた言葉である。「アッラーよ、私が無気力、怠惰、臆病、けちん坊、認知症などの状態にならぬよう、また、生と死に関わる試練から、墓での災いを受けぬようお守り下さい。」


ムスリムの望ましい一日は、まだ暗い早朝に、平穏な足取りでマスジドへ向かうことから始まる。敬虔なムスリムは、強い信仰心の故に、主への畏れをもって、主が眼前におられるとの思いにより、日に5回、礼拝に立つ。アッラーは、クルアーン・ター・ハー章及び蜘蛛章において述べておられる。

「…だから、われに仕え、われを心に抱いて礼拝の務めを守れ。」(20章 14節)

「あなたに啓示された啓典を読誦し、礼拝の務めを守れ。誠、礼拝は、醜い行いと悪事から遠ざける。そして最も大事なことは、アッラーを唱念することである。…」(29章 45節)

敬虔なムスリムは、家からマスジドへ向かう時に言うであろう。それは、御使さまSAWが唱えられていたドゥアーである。「おおアッラー、私の心に光を、私の視覚に光を、私の聴覚に光を、私の右に光を、私の左に光を、私の上に光を、私の前に光を、私の後に光を御置き下さい。そして、私の為に光を強くして下さい。」 そして、マスジドに近付いた時には誰でも御使さまSAWが述べられた、次のドゥアーを唱えるがよかろう。「おおアッラー、私の為に、あなたさまの御慈悲の扉を御開き下さい。」 そして、マスジドから出る時は、「おおアッラー、私は、あなたさまの御仁慈を請い願います。」

 

信者たちよ、イスラームの長い一日の中には、飲食に関わる、家を出る時と戻る時の、寝る時と目覚める時との、困難な時の、健康と病気に関わる祈願がある。そして、生活、困難、借金と支払い、生きる糧、家族関係、子供たちの育成に関わる種々の祈願がある。アッラーは、クルアーン・雌牛章において述べておられる。

「…現世で幸せを、また、来世でも幸せを下さいますように。業火の懲罰から守って下さい。」(2章 201節)

また、アッラーに悪魔の囁きから御守り頂きなさい。アッラーは、クルアーン雷電章において述べておられる。

「これらの信仰した者たちは、アッラーを唱念し、心のやすらぎを得る。アッラーを唱念することにより、心のやすらぎが得られないはずがないのである。」「信仰して、善行に励む者にとっては、至福が彼らのものであり、善美な所が帰り所である。」(13章 28--29節)

 

預言者ムハムマド、教友とその一家に祝福と平安がありますように。そして、正当なカリフ、アブー・バクル師、ウマール師、ウスマーン師、アリー師と、正しい道に従う者たちに、祝福と平安がありますように。

 

アッラーよ、何時でも、あなたさまに思いを寄せる信仰心篤い者であるように御力添え下さい。

アッラーよ、あなたさまを称讃し、あなたさまに感謝する者であるように御導き下さい。

アッラーよ、あなたさまを愛し、預言者さまSAW を愛する者であるように、御導き下さい。

アッラーよ、日本中に、世界中にイスラームを広められるように御力添え下さい。

アッラーよ、イスラームムスリムたちの為に奉仕出来るように力と御加護を御与え下さい。

アッラーよ、日々の生活に活力と喜びを、そして安心と安全を御与え下さい。 アーミィーン

 

f:id:iamamuslima:20170903210023j:image

 

 

ズルヒッシャ月最初10日間の徳

アッサラームアライクム ワラフマトゥッラーヒ ワバラカートフ
                      
預言者様(彼の上にアッラーの祝福と平安あれ)はおっしゃいました。
≪巡礼月の最初の10日間に行われる崇拝行為は、他のいかなるものにも勝ります。≫ アル・ブハーリーの伝承
    
≪これらの10日よりも、アッラーのもとでより偉大な日々はなく、そこでの行いがアッラーにより好ましい日々もありません。ですから、それらの日々には、タハリールとタクビールとタハミード※をたくさんしなさい。≫アフマド他 
 
※タハリール:「ラーイラーハイッラッラー」(日本語訳:アッラー以外に神はなし)と唱えること
タクビール:「アッラーフアクバル」(日本語訳:アッラーは偉大なり)と唱えること
タハミード:「アルハムドゥリッラー」(日本語訳:アッラーにすべての称賛あれ)と唱えること
_________________________
ズ・ル=ヒッジャ月(巡礼月)最初の10日間:8月23日~9月1日
アラファの日(巡礼月9日目):8月31日(木)
イード・ル=アドハー(犠牲祭・巡礼月10日目):9月1日(金)
巡礼月11日目~13日目アイヤームッタシュリーク(断食禁止):9月2,3,4日
_________________________

アラファの日(巡礼月9日目)のスンナの断食について、預言者ムハンマド様(彼に平安と祝福がありますように)は言われました。
≪前の一年と、残りの一年(前後2年間)の罪を許されます。≫ ムスリム伝承

 

 

f:id:iamamuslima:20170829222100j:image